おすすめ記事はこちら!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

セ他球団「マートンはふざけるな!」 阪神がマートンのおかげで敵だらけ

1: チーター(静岡県) 2013/07/14(日) 19:24:12.37 ID:G1DCDNvU0● BE:367412235-PLT(12000) ポイント特典

阪神が思わぬ脅威にさらされている。ライバル球団が阪神に対して強い敵愾(てきがい)心を抱いているのだ。
その1球団がヤクルト。チーム内からは「マートンだけは許せない」と憤慨の声が出ている。

5月12日の試合でマートンが本塁クロスプレーの際に、捕手の田中雅に強烈なタックルを食らわせ、田中は鎖骨を骨折。
「しかも亀裂程度ではなく、パックリと真っ二つに折れていた」(関係者)というから、いかにタックルが強烈だったかがわかる。
「しかも、マートンは開幕戦の時から挑発的だった。併殺プレーでの二塁スライディングで、スパイクの歯を立ててきましたからね。
あれは確信犯でしょ」と、チーム関係者も憤りを隠せないでいた。

ヤクルトは開幕からケガ人が続出したこともあり、最下位に低迷。阪神はここまでヤクルトに9勝3敗と大きく勝ち越しているが、
「相川も川端も戻ってきて、少しずつ立ち直ってきた。次はやり返したい」(前出の関係者)。

「ウチも、阪神にだけは負けられない」と意気込むのは、DeNAの中堅選手。
「4月には西岡が友利投手コーチと口論。6月の試合(23日)では本塁クロスプレーで高城にヒジを入れてきた。
高城がボールを叩きつけて怒るのも無理はありません。前日の試合では同様にマートンも、高城が捕球しているにもかかわらず
体当たりしてきた。わざととしか思えませんよ!」

今年の阪神に対して、快く思っていない関係者は少なくない。中日の球団関係者も、「本塁打を打った後に両手を上げるパフォーマンスは何なの?
マナーとしておかしいし、バカにしすぎだよ」と、語気を強めた。

http://news.infoseek.co.jp/article/14gendainet000190142
達川解説員激おこ!マートンの殺人タックル
http://www.youtube.com/watch?v=PF7kGaaP4oA





関連記事
[ 2013/07/15 20:00 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。